脳

一刻も早い手当が必要

脳梗塞は不規則な生活習慣などを持つ人がなりやすい病気です。言葉や運動機能に急に異常が現れた場合は、一刻も早く専門医による診断を仰ぐようにしましょう。病院では血栓溶解薬を使った治療のほか、カテーテルを挿入する治療なども行っています。

詳しく見る

腰を押さえる女性

腰の痛みをもたらす病気

腰部脊柱管狭窄症は加齢に伴って発症する腰痛の原因病の1つで、背骨を構成する組織が変形して神経を圧迫することで起こります。重症の場合は歩行や排尿が困難になることもあります。治療は保存療法または外科手術が選択されます。

詳しく見る

和食

正しい食べ方が悪化を防ぐ

糖尿病になったら、悪化させないために食事には十分に気をつける必要があります。食べ過ぎや早食いなどのよくない習慣は改め、カロリーはひかえめに、なおかつ栄養バランスのとれた食事にすることが求められます。バランスのよい食事を続けるためには、糖尿病の食事専門の宅配サービスを利用するのもよいでしょう。

詳しく見る

車椅子

兆候が現れた段階で来院

かつては死亡原因の上位にあった脳梗塞ですが、近年では生存率が高くなりました。しかし退院しても後遺症が残ることもあるため、脳梗塞が起こりそうな兆候が現れた段階で専門医に診てもらいましょう。発症しても即手術にはならずに、投薬治療も選択できるのでもしもの時のために専門医を見つけておくとよいです。

詳しく見る

腰痛

これだけは押さえておこう

腰部脊柱管狭窄症は加齢に伴い多くの年代で発症しやすい病気です。特に椎間板ヘルニア等の症状がある方は注意が必要といえます。腰部脊柱管狭窄症を予防する為には適度なストレッチと筋力を強くする運動が必要です。

詳しく見る

病院で食事療法を指導

和食

必要なエネルギー量を把握

日本人の食生活は穀類を主食とする場合が、多くみられますがこれらは糖質を多分に含んでいることをご存知でしょうか。糖質は人の体内でエネルギーに変換されますが、そうなるには必須アイテムであるインスリンがなければなりません。膵臓で分泌されるインスリンは、欧米人よりも日本人の方が分泌量が少ないためエネルギー変換されないままの糖が残されてしまうのです。残された糖は血液の中で、血糖値が上がる原因となってしまうのですが、時間を経て血糖値は元に戻ります。しかし元に戻らずに血糖値が上昇したままだと、異常であり糖尿病と診断されるのです。要するに糖尿病で最も気をつけるべきなのは、口から入る食べ物全般なので症状の改善には糖尿病の食事を実施することになります。この糖尿病の食事は、糖尿病を専門に扱う病院や内科でも指導を、受けることができるので相談してみるとよいでしょう。以前の糖尿病の食事では点数制を用いていたところもありますが、近年ではシンプルなルールをいくつか守ることを推奨しています。まずは一日三食を、決まった時間に食べることを生活習慣として身につけると肥満も防げるし、胃腸にも良い結果が得られるでしょう。内科を受診して糖尿病と診断されると、糖尿病の食事の参考用に食品交換表をすすめられるので普段の食事に利用してください。外食や中食そして内食にあわせたカロリー計算が、分かりやすく表示されているので誰にでも使いやすくなっています。また医師が推奨しているのはバランスのよい食事を心がけることですので、理想は一日で30品目の食品を摂取することです。