腰の痛みをもたらす病気

腰を押さえる女性

主たる原因は老化

年齢を重ねるにしたがって腰痛の症状を訴える人の割合は増えてきますが、一口に腰痛といってもその原因はさまざまです。よく知られているのは椎間板ヘルニアに伴う腰痛ですが、これと並んで中高年に多いのが腰部脊柱管狭窄症です。脊柱管とは背骨の中に作られている管状の空間で、中を神経の束が走っています。普段は神経を保護する役目を果たしているこの脊柱管ですが、何らかの原因で管の内部が狭くなってしまうと、神経を圧迫して痛みやしびれなどを引きこします。これが脊柱管狭窄症であり、そのうち腰椎部分に発症するものを腰部脊柱管狭窄症と呼んでいます。何らかの原因で、と先に述べましたが、脊柱管が狭くなる要因として最も多いのは加齢です。背骨を構成する靭帯・関節・椎間板などが、老化によって変形したり肥厚したりするのです。また、脊椎に関わる他の病気がきっかけとなって発症することもあります。腰部脊柱管狭窄症の主な症状足腰の痛みやしびれ・脱力感・残尿感などですが、特に顕著なのが間欠性跛行という症状です。これは、歩いていると次第に下半身に痛みやこわばりなどを覚えて最後には歩行困難になるが、しゃがんだり座ったりすると症状が消える、という現象が繰り返されるというものです。腰部脊柱管狭窄症の治療には保存療法と手術療法の2種類があります。保存療法の場合は腰部を安静に保ち、必要に応じて鎮痛薬などを処方しながら症状の軽快を促します。一方、重症の場合は手術療法が選択され、神経を圧迫している部分を切除したり削り取ったりといった措置が取られます。