これだけは押さえておこう

腰痛

症状が再発しない工夫点

腰部脊柱管狭窄症は加齢とともに発生する確率が高くなる病気の一種です。特に椎間板ヘルニアやすべり症を患っている方は、合併症として出現しやすいと言われています。年齢と共に靭帯や骨がもろくなることが原因と言われており、腰から下肢にかけての筋力を維持する必要があります。この筋力を維持するにより、骨にかかる負担を減らす事につながります。特に中年以降は脂肪が腹部につきやすく、お腹が前に出やすい特徴があります。この状態では、骨盤が後方に傾き、背中が丸くなってしまいます。この不良姿勢による弊害は大きく、頸部から腰にかけての負担が強くなります。以上の事から、腰部脊柱管狭窄症は加齢に伴う筋力の低下を防ぎ、良い姿勢を保つ習慣を身に着ける事が予防につながります。簡単に行える運動として、まずは筋肉の柔軟性を保つストレッチがあります。気持ちよく筋肉が伸びる程度に腰から膝周りの筋肉をゆっくりと伸ばします。膝関節の周囲筋を伸ばす事で太ももの後ろ側の筋肉が伸張され、腰部脊柱管狭窄症によって圧迫を受け易い筋肉に効果があります。また、筋肉をつける運動としては、自転車を漕ぐのが良い運動です。自転車は、腰から足にかけての負担が少ない運動で、前傾姿勢を保つ事から腰背部の筋肉に力を入れる事が出来ます。ジムなどにも自転車を漕ぐ運動器具も備わっている所が多いので、それらを利用するのも良い方法です。以上の様に適度なストレッチと筋力増強の運動が腰部脊柱管狭窄症の予防につながるのでお勧めです。